英語学習だけじゃ物足りない。
αの特別体験の旅。

【フィリピン親子英語留学】

フィリピンのネグロス島(セブ島のとなりの島)にドゥマゲテという場所があります。マニラやセブは知っててもこの街を知る日本人はほとんどいないでしょう。

しかし世界的に見れば、とても有名な場所なんです。なぜなら住みやすさで世界ランキング上位に位置し、海外からの移住者も多い場所というのがその理由。そして大学が多い学園都市でもあり、カフェでは学生たちがグループで勉強している光景が見られます。

そして、なんと言ってもここドゥマゲテの魅力は治安が良いこと。それは夜中に女性が歩けることができるほど。マニラやセブのような賑やかさや派手さはないものの、のんびりとくつろげる環境があります。
そんな環境もあり、私がおススメするのが「親子留学」なのです。

僕がこの志事を立ち上げるキッカケになったのが、ドゥマゲテにある語学学校SPEAStarting Point English Academy)に2週間滞在していた時に出逢ったある小学2年生の男の子。

彼は1年生の時は元気に学校に通っていたのですが、2年生になってとある事情から学校に行けなくなってしまったのです。そのな息子さんを心配して仕事で育休を取り家族でドゥマゲテへ。

彼はそこで楽しみながら英語を覚え、様々な体験をし、最後はみんなの前で英語でのプレゼンテーションまでやりとげ、今ではまた元気に学校に通うようになっています。

そんなことから、今学校に行くことがツライと感じている子供達、そして社会に溶け込めむことがツライ大人たちにも、ドゥマゲテにて心身ともに解放され、そして英語というツールを使って新しいことにチャレンジする機会や環境を創りたいと感じたのです。

また、お母さんにとってのメリットは3食食事付き&掃除付きなので家事から解放されること。英語の授業は親・子とも別々なので、授業にも集中できる環境があります。(ベビーシッターもいます)

もちろん、1人での留学ももちろんサポートしてますのでお気軽に相談ください。

【サポート内容】

学費・食費(平日の朝・昼・夕食、土は朝食のみ提供)
渡航前後に各1回のカウンセリング
*現地までの交通費(航空券)は各自負担となります。
(チケット購入サポートします)

以下、妻と娘の体験レポートです。

<親子留学で夢のような生活!?>
~ 山村りえ 母娘留学体験レポート ~

9歳の娘の春休みを利用し、3週間ほど滞在しました。

親子留学というと、殆どの親御さんは子どもに少しでも英語に触れる機会を与えたいと、留学を決意される方が多いと思います。

私達夫婦も勿論、娘の事を考えた上での留学でしたが、滞在中の食事(3食)が付くほか、部屋の掃除や洗濯までしていただけるのは、主婦にとって大変嬉しい誤算でした。

20年ぶりの英語学習と毎日課される宿題とで、久々に頭をフル活用した私でしたが、一方の娘は、ストレスを全く感じることなく、楽しく授業を受けていたと思います。

先生方も子供の扱いには大変慣れており、集中が切れたら、ゲームをしたり、本を読んだり、時には、プールサイドでレッスンを行ったりと工夫を凝らしたレッスンをしてくださいました。

滞在中、娘に驚かされたことがあります。

それは英語で話すことに関して、やや消極的だった娘が、夕食を食べに行った場所で、ドバイから来たという隣席の女性に自ら話しかけ、30分も携帯アプリで楽しく会話をしていたのです。

これは英語の環境であるフィリピンだから出来ること。そういった意味で、私達にとって大変有意義な滞在でした。

『親子留学は憧れるけど、子どもが外国や外国人に慣れなかったら』と考えている親御さんがいらっしゃるかもしれませんが、全くの杞憂だと思います。

子供はどこに行っても好かれますし、他の生徒さんも皆、良い遊び相手になってくれます。

自分(お母様)が一切の家事から解放され、お子さんのこんな新たな発見を見つけられる場所、フィリピンの親子留学はおススメです。